[PR]

 鈴木杏が、役者としてまた一段高みをめざす。「殺意 ストリップショウ」は、三好十郎が1950(昭和25)年に発表した一人芝居。戦争と人々の変わり身という二つの不条理に向き合い、真摯(しんし)に生きたショーダンサーの半生を物語る。全幅の信頼を寄せる演出の栗山民也が、鈴木のために選んだ作品だ。

 1年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも