[PR]

 ウディ・アレンの50本目の長編映画監督作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は、予想外のかたちで記憶されることになった。それはアレンがこよなく愛した故郷ニューヨークへの挽歌(ばんか)である。アレンの映画でニューヨークがこんなに幸福な町として描かれることはもう二度とないかもしれない。

 東部の大学に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも