[PR]

 ハンフリー・ボガートの時代じゃあるまいし、ハードボイルドを気取った男など、今や笑いの対象でしかない。「一度も撃ってません」で、彼が演じたのはそんな老作家だ。

 純文学でデビューした市川進、74歳。夜になると、裏社会に通じたハードボイルド作家、御前零児の顔になる。市川の小説は売れないが、零児の小説は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも