[PR]

 ■身をもって伝える正しい知識

 高度な設備がなくても、「100から7を順番に引いて」などの簡単な質問で認知症の検査ができる「長谷川式スケール」。いまでは一般の人も知っているその検査の開発者である精神科医の長谷川和夫先生が、講演で「(ボクは)認知症なんですよ」と明かしたのが3年近く前。それから新聞記…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも