[PR]

 赤木さんのことを忘れまいと多くの人が思っている。けれども忘れるのを待っている人たちもいるのだ。

 森友問題をめぐる財務省の公文書改ざんに加担させられ、苦悩と後悔に満ちた手記と遺書を残して命を絶った元近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54)のことだ。「僕の契約相手は国民です」と口癖のように言っていた…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも