[PR]

 4試合連続で対決したオリックスの吉田正と西武の左腕小川。これまでは小川が無安打に抑えていたが、この日は吉田正が雪辱を果たした。1点を追う八回1死一塁、初球を仕留め、右翼ポール際に逆転の2点本塁打を運んだ。「左のワンポイントで抑えに来る投手。早いカウントから勝負する方が、打てる確率は高いと思った」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも