[PR]

 腹部の手術で誤って尿管を傷つけてしまうことがあることから、三重大の寺西克倫教授(生物有機化学)が、尿を近赤外線で光らせて尿管がどこにあるのかを確かめやすくする物質を開発した。注射をするとすぐに尿に取り込まれて光り、安全性も高いといい、米国では治験が進んでいる。

 腎臓から膀胱(ぼうこう)へ尿を送る…

この記事は有料会員記事です。残り359文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも