破産の法律事務所、客の30億円流用か 弁護士会調査 「東京ミネルヴァ」

有料記事

[PR]

 破産した弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(東京都港区)が、金融業者から回収した過払い金約30億円を依頼者に返還せず、複数の業者への支払いに流用した疑いがあることが第一東京弁護士会(一弁)の調べでわかった。一弁は懲戒処分が相当と判断し、綱紀委員会に処分に向けた調査をするよう3日付で求めた。

 …

この記事は有料記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!