在外国民審査巡る訴訟、上告

有料記事

[PR]

 最高裁裁判官国民審査に海外在住の日本人が投票できないのは憲法違反かが争われた訴訟で、原告の請求の一部を退けた6月25日の東京高裁判決に対し、原告で米在住の映画作家・想田和弘さん(50)らは7日、国の賠償責任について最高裁の判断を求めるため上告した。訴訟で国は「裁判官の名前を印刷した投票用紙を海外…

この記事は有料記事です。残り133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!