[PR]

 米大統領選で一般有権者の投票に基づき、正式に正副大統領を選出する各州代表の選挙人の「造反」が許されるかどうかが争われた訴訟の判決が6日、米連邦最高裁で言い渡された。最高裁は「選挙人は、有権者の選択した候補を支持することが求められる」として、造反した選挙人に罰金や交代を求めた州の決定を「合憲」とした…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも