選挙人の「造反」規制、合憲 米大統領選 連邦最高裁、有権者と違う候補の支持許さず

有料記事

[PR]

 米大統領選で一般有権者の投票に基づき、正式に正副大統領を選出する各州代表の選挙人の「造反」が許されるかどうかが争われた訴訟の判決が6日、米連邦最高裁で言い渡された。最高裁は「選挙人は、有権者の選択した候補を支持することが求められる」として、造反した選挙人に罰金や交代を求めた州の決定を「合憲」とした…

この記事は有料記事です。残り421文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。