[PR]

 作家デビューする前の新聞記者時代は、事件取材に明け暮れたという。伊兼(いがね)源太郎さんの『事件持ち』(KADOKAWA)は、被害者遺族や当局との関係など、事件報道をめぐる今日的なテーマに正面から向き合ったミステリーだ。

 入社2年目の記者、永尾哲平は、受け持ちの警察署管内で起きた連続殺人事件を取…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも