[PR]

 コロナ禍のもと、カミュの『ペスト』が世界中で読まれています。封鎖された町で疫病と戦う人々の姿が、生きる勇気と慰めを与えてくれるからでしょう。ペストという不条理との戦いがこの小説の主題ですが、ペストで苦しみ死んでいく一人の少年の挿話が忘れられません。無垢(むく)の少年の壮絶な死を看取(みと)った医師…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも