[PR]

 春に揺れた検察庁法改正問題。政治による、検察庁に対する人事の恣意(しい)的な介入が生じ、検察の独立性が脅かされると疑問視された。法改正は見送られたが、内閣は法改正それ自体をあきらめたわけではない。その議論のなかで頻繁に登場した「検察の独立性」という言葉も再考されるべきだろう。

 独立性は、自らの職…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも