[PR]

 7~9月の国内粗鋼生産量がリーマン・ショック後に最も落ち込んだ2009年1~3月以来11年ぶりの低水準にとどまる見込みだと経済産業省が8日発表した。7~9月の生産量を前年同期比27.9%減の1770万トンと見込む。今年4~6月の生産実績から、さらに3.2%減る見通し。新型コロナウイルスの感染拡大で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも