[PR]

 不条理劇でありながら、そのわからなさが妙に頷(うなず)ける。今年3月に82歳で逝去した別役実が残した戯曲は現代に続く闇も映し出した。

 舞台には別役劇おなじみの電信柱とベンチがある。「虎が家の前を通ったか」と黒い服の女1(鬼頭典子)に執拗(しつよう)に問いかける男1(さとうこうじ)がいる。一方で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも