[PR]

 権力が演劇の持つ想像力を弾圧する。三谷幸喜の新作・演出「大地」は、昨年書かれたにもかかわらず、権力に新型コロナの脅威が二重写しになり、逼塞(ひっそく)する現代が浮かぶ。彼の先見であり、舞台をそう見ざるを得ない今を感じる。しかも喜劇なのがいい。

 追憶劇、群像劇、極限状況ドラマだ。共産主義国家で、反…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも