[PR]

 2018年のベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したルーマニア出身の女性監督アディナ・ピンティリエの初長編。配給会社によれば“賛否を巻き起こした問題作”とのこと。確かに一筋縄ではいかない個性的、挑戦的な映画である。

 他人に触られることを拒絶する精神的な障がいを持つ中年女性ローラ(ローラ・ベンソン)は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも