[PR]

 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を想(おも)い出す。孤独な少年ジョバンニに当たるのは、たったひとりで自主映画を作っている男。妻と小さな子供からは半ば見限られ、カムパネルラのような親友はいない。その代わり、夜空に煌(きら)めく星ふたつが関西弁でエールを送ってくれる(声優は人気漫才コンビ、金属バット)。

 …

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも