[PR]

 夕食後、お茶を入れにキッチンに立つ。母と私の赤いお湯呑(ゆの)みが二つ並ぶ。ふと母の声を思い出した。

 「どなたかすみませんが、熱いお茶を入れてもらえますか?」。母はいつも丁寧にそう言っていたっけ。それでいて、「あー、これは熱すぎるわねー」と文句も言うことも少なくはなかったが。だんだん身体が利かな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら