(多事奏論)差別撲滅へ向けて 五輪憲章、行動伴ってこそ 稲垣康介

有料会員記事

[PR]

 「偉人」からの転落が相次ぐ。

 米国で黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を押さえつけられて死亡した事件から、欧米では植民地主義や奴隷制に関わった名士の像が倒されたり、スプレーで落書きされたりする動きが広まった。

 英国では私財を学校や病院、教会設立に投じた功績で故郷に像が建った貿易商がいた…

この記事は有料会員記事です。残り1433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら