(地球24時)台湾PAC3継続、米が部品提供

有料記事

[PR]

 米国務省は9日、台湾に対し、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の継続使用を可能とする約6.2億ドル(660億円)分の部品などを提供すると公表した。台湾では13日から中国軍の侵攻を想定した大規模演習が始まる。米国は、後ろ盾として台湾に関与していく意思を中国に示す狙いとみられる。

 ミサイルを迎撃す…

この記事は有料記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載地球24時

この連載の一覧を見る