(そよかぜ)オヤジの「味と夢」 バンコク

有料記事

[PR]

 バンコクのタイ料理店「ヒアハイ」。開店2年で瞬く間に人気を集め、ミシュランにも掲載された店は、店主のプルエット・ターンパイシットさん(30)が父親のプルタックさん(68)の長年の夢をかなえた場でもある。看板メニューのカニチャーハンは、プルタックさんが研究を重ねた「オヤジの味」だ。

 35年前。自動…

この記事は有料記事です。残り794文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載そよかぜ

この連載の一覧を見る