[PR]

 編者はクラシック演奏者や指揮者と「グルーヴ」について次々に対談する。

 そもそも「グルーヴ」は黒人音楽のノリを語る言葉であり、それがまさかクラシックに応用出来るとは想像もしていなかったが、これが驚くことにヴァイオリニストにもティンパニ奏者にもコントラバスやヴィオラのプレーヤーにも感じられていた。発…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも