[PR]

 日本映画「本気のしるし」がカンヌ国際映画祭に公式選出されたうえ、「最も感動的な作品の一つ」との選評までついた。しかし今作、名古屋の民放局が制作した深夜ドラマを再編集しただけの劇場版。なぜ、世界で最も権威のある映画祭に認められたのか。

 今年のカンヌ映画祭はコロナ禍により、毎年5月の通常の催しを見送…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも