[PR]

 ■セーフアウト

 今季の高卒新人で一番乗りの1軍デビューは即スタメン、しかもプロ初打席での長打で、「21世紀生まれで初めて安打を放った選手」になった。中日のドラフト1位新人、石川昂弥(たかや)(愛知・東邦高)。二回、低めのチェンジアップを巧みにさばいた。狙い球は直球だったが「しっかりためてうまく拾…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも