(耕論)パロディーとニッポン グレゴリー・スターさん、横山久芳さん、清水ミチコさん

有料記事

[PR]

 物事の本質を射抜こうとすれば、おのずと不謹慎さや毒がこもる。それがパロディーだ。コロナ流行下の日本で起きた東京五輪エンブレムをめぐる騒動を端緒に、その倫理を考えた。

 ■権力への武器、限界に挑め グレゴリー・スターさん(編集者)

 パロディーは、人々が権力に向き合うときに手にできる小さいけれど…

この記事は有料記事です。残り3559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!