[PR]

 若者を中心に日本でも人気の動画SNSアプリ「TikTok(ティックトック)」が、香港国家安全維持法(国安法)が施行された後、香港での運営を停止した。背景には、中国企業傘下ながら世界的アプリに育ったという特異ないきさつがありそうだ。米中の対立が深まるなか、「内」と「外」を分ける戦略にも限界が見えつつ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも