[PR]

 東欧ポーランドの大統領選の決選投票が12日あり、与党の保守政党「法と正義」(PiS)が推す現職のドゥダ氏(48)が接戦を制し、再選を固めた。

 PiS政権は、司法の独立性を脅かす制度改革などをめぐって欧州連合(EU)から批判を受けてきたが、今回の選挙によって政権運営が追認された形だ。

 ポーランド…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも