藤井七段連勝 将棋王位戦、第2局

有料会員記事

[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が14日、札幌市での第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第2局で木村一基王位(47)に144手で逆転勝ちし、対戦成績を2勝0敗とした。先に4勝した方がタイトルを獲得するが、藤井七段が史上最年少での初タイトル獲得に向けて前進した。第3局は8月4、5日に神…

この記事は有料会員記事です。残り201文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら