百済観音、くっきり 新しいガラスケースで公開 奈良・法隆寺

有料会員記事

[PR]

 奈良・法隆寺の国宝・百済(くだら)観音像(高さ2・09メートル)が14日、透明度の高い特殊な新しいガラスケースに納められ、拝観できるようになった。東京国立博物館(東博)で3~5月に予定されていた特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」で展示するため2月に寺から運び出し、この日戻された。

 百済観音像は7…

この記事は有料会員記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら