[PR]

 ■列島解体もくろむ「ことば」

 十代後半、現代詩をたくさん読んだ。特に実験的で苛烈(かれつ)な詩人たちが好きだった。吉岡実、天沢退二郎、堀川正美、岩成達也など、そのころ繰り返し開いた現代詩文庫のことを思い出しただけでも心が沸き立ってくる。その少しあとでドゥルーズや宮川淳、中上健次などが頭の中に押…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも