[PR]

 『生かさず、殺さず』(朝日新聞出版)という刺激的なタイトルは、主人公の医師がたどり着いた認知症患者の治療の心得だ。医師でもある久坂部羊さんが描く認知症は、ユーモアがありつつ、シビアな現実にはっとさせられる。

 舞台はがん、糖尿病など様々な理由で入院しつつも、認知症を併せ持つ患者のために設けられた認…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも