[PR]

 熊本県などに大きな被害をもたらした豪雨はその後も断続的に降り続き、多いところでは降り始めからの雨量が1千ミリを超えた。専門家は、インド洋と東シナ海、南シナ海の海水温がそろって高くなり、大量の水蒸気を日本に運んでくる「大気の川」ができたと指摘する。地球温暖化がさらに進めば、今世紀後半には7月の豪雨が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら