[PR]

 平和への思いを詠んだ短歌コンクール「八月の歌」(朝日新聞社主催、岐阜県高山市共催、高山市教育委員会後援)の優秀賞10首と奨励賞45首が決まった。今年で12回目。一般の部に771首、中学・高校の部に885首の合わせて1656首の応募があった。フランスで平和活動に取り組む歌人、美帆シボさんが選考した。優秀賞は次の通り。(敬称略、50音順)

 【一般の部】

 きっといるマララやグレタこの国に平和を創る名も無き十代(愛知県東浦町)岩本憲之

 特攻兵の植えて征(ゆ)きにしさくらとぞ 介護ホームの庭に咲き継ぐ(愛知県岡崎市)嶋田稔

 黙祷(もくとう)に代へて教師がアカペラで歌ひくれにし「長崎の鐘」(大津市)船岡房公

 従軍の看護師のごときみは今コロナ嵐に白衣さらして(岐阜県関市)堀野慎吉

 ひめゆりの壕ゆく吾の靴音にまつわりてくる少女の無言(群馬県伊勢崎市)宮沢春江

 【中学・高校の部】

 条約の締結祈る語り部の背中の傷は未だに癒えず(静岡県立藤枝東高3年)伊藤史織

 戦争の恐怖と平和の祈りとが詰まる祖父(おおじ)の柳行李か(仙台市立吉成中3年)金田ひな子

 ヒバクシャの昔語りの少年と自分を重ねる十七の夏(長崎県立長崎西高2年)中野壮一郎

 今は朽ちし地雷注意の立て札が看る子どもらは無尽に駆ける(福岡教育大学付属小倉中3年)見立遼

 正座して聴くひめゆりの塔のこと祖父母の家の夏の縁側(愛知県立旭丘高1年)渡辺美愛

 (奨励賞はデジタル版で)