(古典百名山:83)田山花袋「蒲団」 平田オリザが読む

有料記事

[PR]

 ■文学の自由広げた私小説

 ここまで日本の近代文学史の黎明(れいめい)をたどってきたわけだが、この進展を半ば屈折した思いで見つめ伴走してきた男がいた。田山花袋である。

 現在の群馬生まれの花袋は、十代で上京。尾崎紅葉率いる硯友社に出入りし強い影響を受ける。二十代に入ってからは、島崎藤村国木田独歩

この記事は有料記事です。残り672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!