[PR]

 まるで太陽のキャンプファイア――。欧州宇宙機関(ESA)は、太陽に近づいて観測する探査機「ソーラー・オービター」が撮影した画像を公開した。太陽の表面で小さな爆発「フレア」が至るところで起きていることがわかったという。コロナウイルスの名前の由来にもなった上空のガス層「コロナ」が、なぜ太陽の表面温度よ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも