接触通知、自治体バラバラ 独自システム、店名・日時の公表割れる 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 全国の自治体で、新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性を通知する独自のシステムの導入が相次いでいる。QRコードを使うのが主流で、感染者が行った飲食店やイベント会場などに、同じ時間帯に訪れていた人にメールなどで知らせる。ただ、通知内容はバラバラ。その背景にあるものは。

 ■「QR」で登録

 5…

この記事は有料会員記事です。残り1281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら