撮影者名トリミング、転載は「権利侵害」 最高裁判断、画像リツイートにご用心

有料記事

[PR]

 ツイッター上に無断投稿された写真をリツイート(転載)したら、自動的にトリミングされた形で表示され、撮影者名が見えなくなった――。その場合にリツイートした人が撮影者の権利を侵害したと言えるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷(戸倉三郎裁判長)は21日、リツイートにより著作者の名前が表示さ…

この記事は有料記事です。残り589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。