「指導的地位に女性3割」先送り 政府、20年までの目標断念

有料記事

[PR]

 政府は21日、2020年までに「指導的地位」における女性の割合を30%にするとした男女共同参画政策の目標達成を断念した。安倍政権は「女性活躍」を掲げるが、政治・経済分野を中心に女性登用が遅れている。新たな目標時期は「20年代の可能な限り早期に」とあいまいな形で先送りする方針だ。▼4面=自主性任せの…

この記事は有料記事です。残り350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。