(天声人語)仁術と算術

有料記事

[PR]

 「医は仁術なり」と、江戸中期に貝原益軒(えきけん)が『養生訓』に書いた。医者は「仁愛の心を本とし、人を救うのを志とすべきである。自分の利益ばかり考えてはいけない」(松田道雄現代語訳)。医学も学んだ儒者が説いた心構えだ▼益軒は利益を追い求めるなと諭したが、得るなとは言っていない。「よく病気をなおし人…

この記事は有料記事です。残り467文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載天声人語

この連載の一覧を見る