[PR]

 ■小説の枠超え歴史観に影響

 日露戦争の天王山となった1904年の旅順要塞(ようさい)・二〇三高地を巡る激戦。膨大な戦死傷者を出し続ける乃木希典将軍と参謀らの作戦指導に危機感を抱いた児玉源太郎総参謀長は、ついに乃木の指揮権を剥奪(はくだつ)し、自ら二〇三高地の攻略に乗り出すことを決意する。どうや…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら