[PR]

 自民党のミサイル防衛に関する検討チームは22日、第4回会合を開き、森本敏元防衛相と河野克俊前統合幕僚長から意見を聞いた。敵のミサイル基地などをたたく「敵基地攻撃能力」について、日米間で新たな役割分担を協議する必要性があるといった指摘があったという。出席した議員によると、森本氏は、日本を攻撃すると…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも