(売れてる本)『旅のつばくろ』 沢木耕太郎〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■言葉の渚をそぞろ歩く幸福感

 旅について描かれた面白い本というのは、読者がその旅を追体験できるのはもちろん、著者の思考の軌跡をたどることによって、知っている場所に未知の驚きを発見したり、知らない場所なのに思わず自分との関わりを見いだしたりするような、小さな手がかりがあちこちにちりばめられている…

この記事は有料会員記事です。残り768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載売れてる本

この連載の一覧を見る