(書評)『彼女たちの部屋』 レティシア・コロンバニ〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■「助けたい」と願う人は必ずいる

 コロンバニのデビュー作『三つ編み』は、地理的にも社会的にもかけ離れた場所にいる三人の女性が、それぞれ〈女であるがゆえ〉に直面する試練を描いた物語だった。互いの存在も知らない三人が、自身も気づかない形でつながっていく様子が感動を呼び、フランスで百万部突破、世界各国…

この記事は有料会員記事です。残り767文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら