(書評)『マックス・ウェーバー』野口雅弘〈著〉 『マックス・ヴェーバー』今野元〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■現役の理論家かドイツの愛国者か

 この5月に、ほぼ同じタイトルの新書が刊行された。一冊は『マックス・ウェーバー』で、もう一冊は『マックス・ヴェーバー』。もちろん、同じ人物だ。『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』などで知られる、知の巨人の没後100年に際しての企画である。いずれも気鋭の政…

この記事は有料会員記事です。残り1155文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら