(書評)『動きだした時計 ベトナム残留日本兵とその家族』 小松みゆき〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■日越に引き裂かれた父子つなぐ

 「私ノ父ハ、日本人デス」。1992年、在留邦人はまだ少ないベトナムで著者はその言葉に耳を疑った。父は、かつてこの地を占領し、敗戦後は現地で独立戦争に身を投じて家族をもうけた残留日本兵だった。ところが54年、彼らは突如帰国する。音信が途絶えるなか、帰還を待ちわびる妻…

この記事は有料会員記事です。残り808文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら