「揺さぶり」難しい事実証明 多角的な検証体制求める声

有料会員記事

[PR]

 児童相談所(児相)の対応の見直しが検討されることになった乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)。第三者の目がない家の中での負傷は、児相側も虐待を疑われた保護者も事実の証明が難しく、多角的な検証ができる体制を求める声があがる。▼1面参照

 ■息子と1年7カ月離され

 「初めてできた」。大阪府の女性(40…

この記事は有料会員記事です。残り1532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。