[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 特定の民族への差別や排除をあおる「ヘイトスピーチ」に罰則を科す条例が今月、全国で初めて川崎市で施行された。国に同様の法規制を求める声も広がる。一方、憲法は「表現の自由」として、言論や集会など一切の表現を保障すると定める。ヘイトスピーチの規制と表現の自由は両立…

この記事は有料会員記事です。残り3627文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3627文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3627文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも