[PR]

 芥川賞を史上最高齢の75歳で受賞してから、7年あまり。作家、黒田夏子さんの新刊『組曲 わすれこうじ』(新潮社)は、受賞後に書き始めた17の短編を再編成した、初めての新作小説集だ。受賞作「abさんご」と同じ横書きのスタイルで、日本語表現の新たな地平をひとり突き進む。

 75歳で新人としてデビューす…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも